どろあわわ副作用

どろあわわ副作用について

どろあわわ副作用についてですが、どろあわわは泥が配合されている洗顔料でもちもち泡で人気がありますが、洗顔料というのは直接肌に使用するものなので、副作用などが心配ですよね。 どろあわわを使用して副作用があらわれそうか調べてみました。
どろあわわに配合されている成分には副作用が出るかもしれない成分がありました。 それは、パラベンと合成界面活性剤です。

 

パラベンは防腐剤で、敏感肌に使うと顔が赤く腫れたりニキビができる可能性があります。
どろあわわに配合されているのはメチルパラベンとプロピルパラベンで、毒性の弱いものです。
合成界面活性剤は、洗浄力を強める成分で、敏感肌や乾燥肌に使うと、かゆみが出たり、肌がカサカサになる可能性があります。
どろあわわに合成界面活性剤が使われている理由は、泥洗顔の能力を最大限に引き出すためです。

 

そのため、副作用をカバーできるよう、どろあわわには豆乳発酵液が配合されています。 肌への浸透力がすぐれている豆乳を配合することで、肌をしっとりさせ、乾燥を防ぎます。
この豆乳発酵液が配合されているので、パラベンを配合して腐りにくくする必要があるのです。
どろあわわに副作用が懸念される成分が含まれているのは、このような理由があるからで、それをカバーする成分も配合されているので、安心できそうですね。

 

どろあわわ

 

>>どろあわわをお得に! 公式HPはコチラ